前へ
次へ

転職での営業求人にある営業職の種類を理解する

仕事をしている中で働いている会社とは別の会社に再就職を考える場合が出てきます。
人間関係や仕事環境の変化に自分自身のスキルアップなど、転職を考える場合は様々な理由があります。
では実際に転職するときに多くの人は求人サイトを利用して、再就職先となる仕事を探す事になります。
探す際に様々な条件を絞り込むことが多いですが、その中に営業求人は多く見かける事になります。
営業求人は多くの会社で求人を出している内容になりますが、実際にどのような営業職があるのかを理解している人は少ないです。
そのため営業求人に応募を考えている場合は、事前に営業職の種類を理解したうえで自分が希望する営業職に応募することが大切になります。
では実際に営業職の種類ですが、まずは販売商材があります。
これは自社の製品を販売しますが、有形商材と無形商材があります。
有形商材自体は実際に手にとって物が持てる商品を販売することであり食品や車などがあります。
逆に無形商材は形として目に見えない物を販売するものであり、コンサルティグや保険などがこの営業になります。
次に対象顧客とされる営業職があります。
対象顧客となる種類としては法人顧客と個人顧客にわけられ法人顧客自体は企業を対象に営業する内容となり、通信関連や人材関連などがあります。
個人顧客の場合は一般的な家庭へ営業する仕事であり、教材や家庭教師などはこの種類の営業になります。
最後に営業種類として営業スタイルにも違いがあります。
営業スタイルとして新規顧客を獲得するスタイルがまず1つあります。
これは今までに契約や販売などをした事が無い新規の顧客を獲得することが目的となる営業になります。
2つ目は既存顧客への営業があり、これは今まで販売や契約などをした事がある顧客に対して、継続して商品の販売や契約をしてもらう為の営業になります。
このように営業内容にも色々違いがあるので、再就職先が求める営業職はどの種類に該当するのかを理解することがポイントになります。

新木場駅地区タクシー求人
緑ナンバー車両に乗務します。

福岡市エリア建築現場管理スタッフ求人広告
コンストラクション分野での募集です。

札幌市エリア誘導員求人
未経験歓迎です。

横浜市エリア施工管理スタッフ求人
作業者がけがをしないように安全指導を行います。

Page Top