前へ
次へ

営業求人を見て転職する際のポイント

一般的には、未経験の業界への転職は難しいですし、就職できても給料はとても低いです。
しかし、未経験でも歓迎され、成果次第で大きな収入が得られるのが営業です。
この営業職に転職したいと考えた時に、チェックして欲しいのが営業の種類です。
営業の経験者ならすでにご存じでしょうが、営業といっても大きく別けて、新規開拓、ルート営業、内勤営業と種類があります。
営業求人を確認する際には、どんな営業をすることになるのかをよく確認しましょう。
新規開拓は、面識のない企業などに営業に行くことになるため、営業の中でも最もハードルが高い仕事だと考えておきましょう。
ルート営業は、すでに取引している企業などに、今発生している問題などを見つけて自社製品を活用した解決方法を提案します。
内勤営業は、電話を使った営業のことです。
このように、営業職といっても仕事内容は大きく異なります。
自分がどんな仕事をしたいのかをよく考えて、営業求人をよく確認することが大切です。

Page Top